<   2013年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

Cafe Tasse(しょうゆとんこつラーメン)700円   

d0152191_14485393.jpg














今日は徳島市かちどき橋の「Cafe Tasse」です。
この店は本格的なラーメンもやっている喫茶店として、
以前にも食べましたが、ラーメンが変わっており、営業時間も変わったので、再度来てみました。
営業時間は喫茶店としては朝から夜まで営業していますが、
ラーメン以前は曜日限定、昼11:00~14:00限定でしたが、
11:00~14:00(月~金)・20:00~24:00(月~土)に変わりました。
しかも20:00~24:00はメニューがラーメン限定のラーメン店となったようです。

d0152191_1449555.jpg














メニューはこんな感じ。
以前のあっさり澄んだ醤油ラーメンはなくなり、この3種のラーメンになっております。

d0152191_1450124.jpg














「しょうゆとんこつラーメン」を注文。
豚骨、鶏がらに魚介などを加えたそうですが。
茶色のあっさり醤油豚骨系スープで、味は甘味が強い感じ。
麺は細目のストレート麺。
量はもやし多めで、全体的にも多めのような気がします。
味的には悪くはないと思いますが、いかにもラーメン屋的なラーメンです。
洗練されたカフェで出すラーメンなので、
普通のラーメン屋とは何か違うラーメンを求めてしまうのですが・・・(^^;

住所:徳島市かちどき橋1-46
【喫茶店として】
営業時間:11:00~20:00(金土~22:00)
休日:第3日
【ラーメン】
営業時間:11:00~14:00・20:00~24:00(土20:00~24:00)
休日:日祝
好み度:3
[PR]

by u-nya-ri | 2013-08-25 14:52 | 徳島市 | Trackback | Comments(0)

支那そば 二朗麺(支那そば中)550円   

d0152191_17322152.jpg
d0152191_17322024.jpg

今日は徳島市幟町の「二朗麺」です。
2013年8月19日開店のようです。
つ、ついに徳島にもラーメン二郎が??(^^;
こんなところにラーメン屋が?的なところにありますね。
ラーメンメニューは支那そば、ワンタン麺、チャーシュー麺、もやしそば、タケノコそば
などがあり、大中小があります。小はミニラーメン的なもののようです。

「支那そば中」を注文。
あ、あれ?「ニンニク入れますか?」がないな~。
ま、ラーメンを見ても、明らかにラーメン二郎ではないわけで(^^;

薄茶色のあっさり醤油豚骨。全体的に薄味で、まろやか甘香ばしい感じです。
今風ではなく、どちらかといえば昔風の味。でも洗練はされています。
麺は細目のストレート麺です。
開店祝いに「よあけ駅前店」がありましたし、
ラーメン自体もそうですが「支那そば」というネーミングからも「よあけ」系統の店でしょう。

住所:徳島市幟町4-24
営業時間:11:00~24:00
休日:不定
好み度:3+
[PR]

by u-nya-ri | 2013-08-24 17:35 | 徳島市 | Trackback | Comments(0)

阿波らーめん 踊り(鶏塩らーめん)700円   

d0152191_0261893.jpg














今日は徳島市富田町の「踊り」です。
この店は8月の初め頃?に開店のラーメン店です。
繁華街にある夜型の店です。
ラーメン屋っぽくない外観な上に「らーめん」の字が小さいので
歩いてて普通に通り過ぎてしまいました(^^;

d0152191_0262630.jpg














居酒屋かバーを改造したような店内で、メニューは↑とドリンクのみです。
鶏一色ですね。

d0152191_0263381.jpg














「鶏塩らーめん」を注文。
すだちが付いてきます。
うっすら白濁のあっさり塩味です。
でもそれほど塩気はなく、かと言って甘味というわけでもなく・・・う~ん、何だろう(^^;
薄味の優しい味ですね。
ジャンル的には塩味なんでしょうけど。
味的には悪くはないと思いますが、ラーメン的な塩気や油気は少なく、
ラーメン的なスープではないかもしれません。
麺は極細のストレート麺です。
まあ、飲んだあとの〆系のラーメンでしょうね。営業時間的にもね。

住所:徳島市富田町2-36
営業時間:20:00~4:00
休日:月
[PR]

by u-nya-ri | 2013-08-23 23:59 | 徳島市 | Trackback | Comments(0)

鳥取4軒   

d0152191_7263748.jpg









今回は鳥取に行ってきました。今回は鳥取市の方ね。
鳥取には牛骨ラーメンのほかにご当地ラーメンを・・・目指してる
「素ラーメン」「鳥取カレーラーメン」というのがあります。
それぞれ4,5軒じゃ、目指してるレベルだな、うん(^^;

①武蔵屋食堂
鳥取市職人町15
10:30~17:00 日祝休み
d0152191_7265570.jpgd0152191_727887.jpg









明治45年創業の老舗店で、食堂的な店ですが、
「素ラーメン」の元祖のお店として有名です。
「素ラーメン」はうどんだしに中華麺を投入したものです。
ま、似たようなのが全国結構あると思うけど(^^;

「素ラーメン(450円)」を注文。
黄金色のあっさりした和風だし、いわゆるうどんダシで、
動物系の油は入ってないと思いますが、
たくさん入った天カスで油感のあるスープになっています。
麺は中細のちぢれ麺です。
天カスが多いせいかどうかはわかりませんが、
結構ラーメン的なラーメンになっていたと思います。
B+

②鳥取駅前そば
鳥取市栄町715
11:00~23:00 休日なし
d0152191_7272561.jpgd0152191_7273114.jpg









鳥取駅北口近くにある立ち食いそば屋です。
そばやうどんがメインの安価な店ですが、
一年前から素ラーメンを始めたそうです。
冷やし素ラーメンもあります。

「素ラーメン(350円)」を注文。
うどんだしは関西風のもので魚介だしがきいたものです。
中華麺は加水少な目の中細ストレート麺で、つるつる硬めかな。
のど越しがよく、うどんのだしと合わせて、普通に立ち食いそばを食べてるかの感覚です(^^;
具はもやし、かまぼこ、天かす、ネギです。
まあ結構美味しかったです。
でもそれは、立ち食いそばが美味しいと同じ感覚での美味しかった、ですけどね(^^;


③本家夢屋・扇町店
鳥取市扇町130
11:30~15:00・17:00~23:30 休日なし
d0152191_7282386.jpgd0152191_7282878.jpg









鳥取は1人当たりのカレーのルー消費量日本一だそうで、
「鳥取カレーらーめん」を売り出そうとしてるっぽいです。
松葉がに、ラッキョウ、二十世紀梨など、鳥取の幸を原料にしたオリジナルルウ「鳥取カレーの素」を使っているそうです。

「鳥取カレーらーめん(598円)」を注文。
ドロドロではないさらっとした。いわゆるスープカレー的なスープです。
味はインド風でも洋風でもない、オーソドックスなカレー味です。
ま、味噌ラーメン同様、カレーラーメンの味って説明しづらいですよね。
カレー味としか言えませんし・・・(^^;
カレーは濃厚ではないと思いますが、旨みのある味になっていますので
ダシが結構利いているんじゃないかと思います。
何のダシなのかは、カレー自体の味が強いので、今ひとつわからないわけですけどね。
麺は細めのちぢれ麺です。
かなり美味しいと思うのですが、このネット時代、説明しづらい味って言うのはかなりネックかもしれませんね。


④赤のれん
鳥取市湖山町東1-348
12:00~14:00・21:30~24:00 休日なし
d0152191_7284832.jpgd0152191_7285938.jpg









この店はご当地ラーメンではありませんが、多分鳥取市で一番有名人気な店です。
食べログ口コミ件数も1番多いですし(^^;

「醤油(700円)」を注文。
厚みのあるチャーシューが5,6枚乗っており、普通の店ならチャーシューメンでしょう。
基本的にあっさりで、動物系油が弱い感じがしますが、
細かい背脂などで脂感はそこそこあります。
味はまあ普通に王道の醤油味かな。
やや香ばしい感じがありますが。
麺は中細のちぢれ麺です。
B+
[PR]

by u-nya-ri | 2013-08-12 07:31 | 四国以外 | Trackback | Comments(0)

徳島ラーメン 麺魂(徳島ラーメン)600円   

d0152191_21202524.jpg
d0152191_21201691.jpg

今日は上板町の「麺魂」です。
8月1日に開店しました。
「麺王」の姉妹店のようです。
天吉うどんのようなパチンコ123のおまけのラーメン店だと思ってましたが、
ちゃんとした店舗です。

「徳島ラーメン」を注文。
濃い茶色のこってりめの醤油豚骨。
麺は中細のストレート麺。
甘香ばしい感じで、今型の徳島ラーメンの味ですね。
麺王というより、東大を濃厚にした感じに思えましたが、
最近麺王食べてないので、何とも言えませんね(^^;
なんせ、今型の徳島ラーメンの味。
ボリューム的には600円にしては物足りない。
生卵無料ですが、東大みたいに卵かけご飯専用の醤油も置いてないし、
そもそも醤油自体置いてないので、卵かけご飯にすることもできないぽいし(^^;

住所:板野郡上板町椎本亀ノ本209-1 上板スクエア4号館
営業時間:11:00~24:00
休日:なし
好み度:4
[PR]

by u-nya-ri | 2013-08-06 21:41 | 板野郡 | Trackback | Comments(2)

倉吉、高梁・新見ラーメン9軒   

d0152191_1953640.jpg









今回は鳥取の倉吉と岡山の高梁・新見に行ってきました。

【倉吉編】
前回、牛骨ラーメンの発祥の地・米子で食べたのですが、
牛骨とはどんな味なのか今ひとつよくわからなかったので、
ここ数年ご当地ラーメンとして有名になりつつある鳥取中西部、とりわけ倉吉に行ってきました。
本来、ご当地ラーメンブームの2000年頃に有名になるべきだったのでしょうが、
ちょうど牛のBSE問題の時期と重なってしまったため、遅れたと思われます。

d0152191_19533577.jpg









全国チェーン店でも倉吉にかかると牛骨ラーメンを始めてしまうという(^^;

①いのよし
住所:倉吉市見日町476
営業時間:11:30~14:00・18:00~21:00
休日:水
d0152191_19533349.jpgd0152191_19535233.jpg









倉吉の牛骨ラーメン店の中でも食べログ得点が最も高く、口コミ数が多い店です。
「しょうゆラーメン(500円)」を注文。
半透明の醤油味のスープです。
表面に油が結構浮いており、後味が残るような独特の油感が強めになっています。
これは後から足した油なのかな?そんな感じのです。
味自体は軽い甘さがある感じでした。
麺は細めのちぢれ麺で、他店も回りましたが、ここが一番ちぢれていたと思います。
油感があるにもかかわらず、結構さらっと食べれるラーメンでした。


②ごっつおらーめん
住所:倉吉市上井1-370
営業時間:11:30~14:00・18:00~2:00(月11:30~14:00)
休日:なし
d0152191_19535254.jpgd0152191_19541167.jpg









「ラーメン業界に喧嘩を売る店」「一日限定100食」などが書かれている牛骨ラーメン店で
鳥取の店としては珍しく、東京(浅草)にFC店があったりします(^^;
「ごっつおらーめん(650円)」を注文。
半透明のあっさり醤油味のスープ。
でも醤油はそんなに強くはなく、あいまいな感じの味です。
牛骨以外も入っているせいかどうかはわかりませんが、
その系統の独特の油感はなく、くせもない感じのスープでした。
でも旨みは十分です。
麺は軽くウェーブがかかった細麺です。
まあ、東京とか都会でありそうな感じのラーメンかな。
B+

③幸雅
住所:倉吉市山根583-2
営業時間:11:00~21:00(金土11:00~23:00
休日:なし
d0152191_1954877.jpgd0152191_19542759.jpg









牛骨ラーメンの人気店の1店です。
塩味だという「なつ旨ラーメン(550円)」を注文。
薄い黄金色のスープで、脂感は少なくあっさりです。
塩味とのことですが、それほど塩味って感じでもなく、印象的には塩と醤油の間な感じです。
あっさりで油感も少ないのですが、独特のくせのある感じがあります。
これってバターのような油感、後味感に近いような気がするんですよね。
同じ牛ですし、関係があるのだろうか。
これは「八兵衛」でも同じ感覚でした。
麺は細めのややちちれた麺です。
B+

④大香房
住所:倉吉市清谷町2-40
営業時間:11:00~23:00(日祝11:00~22:30)
休日:なし
d0152191_19542246.jpgd0152191_19544066.jpg









改装中なのに営業する商魂(^^;
いや、大変ありがたいのですが。
「牛骨らーめん(610円)」を注文。
系列で焼肉店もやっているようで、
そこから仕入れる和牛の牛脂から作り出したオイルを使用しているらしい。
となるとオイリーなスープかな?と思ったのですが、
脂感は少ない、あっさりすっきりタイプのスープです。
醤油も濃くなく、優しい味。
麺は細めのストレート麺で、この地域の牛骨ラーメンのようなちぢれた麺ではありません。
美味しいことは美味しいのですが、これといった特徴はないかもしれません。
地元の人が食事として食べる分には十分だと思いますが、
僕みたいに遠征してまで食べるタイプのラーメンではないかもしれませんね(^^;


⑤八兵衛
住所:倉吉市福庭町1-101
営業時間:11:30~14:30・18:00~20:30
休日:火
d0152191_19543663.jpgd0152191_19545564.jpg









牛骨ラーメン専門店。牛骨味噌ラーメンもありますが。
「牛骨ラーメン(600円)」を注文。
表面に脂がのっているスープですが、比較的あっさりしています。
醤油も薄めで甘い感じの味です。
牛骨特有の後味が残るような油感のあるスープになっています。
個人的感覚で言えばやはりバターのような(^^;
麺は中細のちぢれ麺です。


【高梁・新見編】
新見といえば「山金」が有名かな。
あとは猪肉が有名っぽいですが・・・。

①味屋食堂
住所:高梁市本町74
営業時間:11:00~1:30
休日:火
d0152191_1954531.jpgd0152191_19551294.jpg









この地域の有名老舗店。
店に入ると、魚介系の乾物や動物系の匂いがします。
「ラーメン(500円)」を注文。
薄茶色のあっさり醤油・・・かどうかわからない曖昧な感じの味です。
店内の匂いとは違い、魚介系の味は感じず、油っ気もありません。
結構コショウがきいているかな。
麺は細めのストレート麺。
まあ良くも悪くも典型的な昔ながらのラーメンです。
C+

②伯備
住所:新見市西方469-1
営業時間:11:00~20:00
休日:元旦
d0152191_1955889.jpgd0152191_19552799.jpg









昭和4年創業の老舗のお食事処で、メニューがかなり豊富。
新見名物?でもあり、この店で一番高いラーメンでもある
「猪ラーメン(850円)」を注文。
猪のチャーシューが入ったラーメンです。
スープは・・・猪でとったわけじゃないっぽい(^^;
あっさり醤油味で、表面にやや油が浮いた感じです。
チキンスープ的な甘めの軽い味です。
まあ、お食事処ですし、こんなもんかな(^^;
チャーシューは4枚乗っております。
赤みが乗っていてなかなか美味しい。
C+

③いぶき
住所:新見市新見710
営業時間:11:00~21:00
休日:火(祝日の場合は翌日)
d0152191_19552447.jpgd0152191_19554299.jpg









「新見ラーメン」を名乗っており、ご当地ラーメンだという猪チャーシューメンや千屋牛ラーメン、
この店オリジナルという名代いぶきそば(豚骨醤油)、氷室豆腐の麻婆坦々麺など
いろいろあります。
「猪チャーシューメン(700円)」を注文。
チャーシューは猪肉を中心に豚肉を合わせたもの、スープは豚骨ベースに猪骨を
合わせたものらしい。
どうせなら全部猪にしたらいいのにね(^^;
スープはあっさり甘い中華スープ風で、まあ普通。
麺は細めのストレート麺で、自家製麺らしい。
つるつるなめらかな麺で、やや柔らかめです。
で、チャーシューですが、3枚乗っておりますが、ちょっと薄めかな(^^;
C+

④山金・新見店
住所:新見市新見858 御殿町センター内
営業時間:10:00~19:30
休日:水
d0152191_19553857.jpgd0152191_19555615.jpg









昭和22年創業の老舗の中華そば専門店。
まあ、新見といったらこの店でしょう。
「たい焼きラーメン餡じゃない(普通)(785円)」を注文。
いや、そういうメニューなんですよ。
たい焼きが入ったラーメンですが、皮の中はアンコではありません。
高知県の中のニラ特産の町の町おこしから生まれた特製たいやきだそうです。
ニラ、たこ、ごぼう、しめじが入っています。
なぜ、高知なのかは不明(^^;
ラーメン自体は、あっさり醤油味のスープで、魚介はそんなには強くないと思いますが、
醤油ダレ自体も薄いので、全体的に魚介ダシ的な感じになっています。
油も薄めなので、うどんダシ風に感じるかもしれませんね。
麺は中細~中太のストレート麺で、つるっとしています。
一応は昔風のラーメンではあると思うのですが、洗練はされていますね。
B+
[PR]

by u-nya-ri | 2013-08-05 20:02 | 四国以外 | Trackback | Comments(0)

千福飯店(薬膳ラーメン)924円   

d0152191_148374.jpg














今日は阿南市の「千福飯店」です。
この店は2013年7月31日開店の中華料理店です。
千福は「チェンフー」と読みます。

d0152191_14902.jpg














ラーメンはこの5つ。
薬膳ラーメンという変わり種が1番上に来てますね~。
ちょっと高いけど、これを頼むしかないんだろうな・・・(^^;
「薬膳ラーメン」というと名古屋の好来系が有名ですけど、まさかね。

d0152191_14825100.jpg














「薬膳ラーメン」を注文。
土鍋に入って熱々の状態で出てきます。
うん、この時点で好来系でも何でもない。
小さな器がついてきましたし、これによそって食べるのだろう。
茶色のあっさり醤油味。香辛料とラー油が入ってうっすら辛めです。
少くとも激辛系とかというタイプではなく、ちょい辛って感じ。
麺は細めのストレート麺。
香辛料が中国系みたいな独特な匂いのもので、何となくは薬膳って感じはしますが・・・。
ちょっとマニア向けの味かな~。
そんなラーメンを一番上にもっていくとは・・・恐るべし(^^;

住所:阿南市上中町岡238-1
営業時間:11:00~15:00・17:00~21:00
休日:不定
[PR]

by u-nya-ri | 2013-08-04 14:12 | 阿南市 | Trackback | Comments(2)