「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:愛媛県( 9 )   

愛媛ラーメン13軒   

今回は愛媛にラーメン行ってきました(^^;
各店の詳しい内容・感想は食べログの方に、書いていきます。
⇒ http://tabelog.com/rvwr/000508816/
こちらではさらりと書きます。

①さくや
住所:伊予郡松前町筒井934-4
営業時間:11:00~18:30
休日:火
食べたもの:中華そば並550円
d0152191_21822.jpgd0152191_2182383.jpg









うっすら茶色のあっさり塩味のスープ。カツオと昆布だしのようです。
何かの鍋のだしみたいな感じのスープで、麺も延びにくい仕様の麺。
一般的によくある鍋焼きラーメンみたいな感じの中華そばです。
B+

②志
住所:松山市久万ノ台227-3
営業時間:11:00~2:00
休日:なし
食べたもの:鶏白湯ラーメン580円
d0152191_2183581.jpgd0152191_2184118.jpg









鶏白湯と昔ながらの中華そばの2本立ての店。
鶏白湯というと、一般的にはそこそこ濃度のあるスープであることが多いですが、
ここのはさらっとしたあっさり醤油味のスープです。
う~ん、、、悪くはないと思いますが、これといって特徴に欠けるような。
鶏がらなんでしょうけど、少なくとも普通の人が簡単に鶏とわかる程
鶏が強いようなスープではないと思います。
C+

③一興・久万の台店
住所:松山市久万ノ台261
営業時間:11:00~2:00
休日:なし
食べたもの:伊予路みそラーメン680円
d0152191_2185161.jpgd0152191_2185855.jpg









愛媛に数店舗ある一風堂系の店です。
この店のこってり系豚骨スープに、味噌を加えたものだと思います。
ベースの豚骨が強いので、味噌ラーメンらしい味噌ラーメンではなく、
味噌味の豚骨ラーメン、みたいなです。
味噌がかなり独特で、食べる人を選ぶ味かもしれません。
A+

④ちゃんがらや
住所:伊予郡松前町西高柳240-7
営業時間:18:00~24:00
休日:日
食べたもの:とりらーめん600円
d0152191_2191164.jpg









完全に居酒屋の様相で、メニューを見てもラーメンは「〆の一品」コーナーに
載ってますし、ラーメン1杯だけ食べて帰るような雰囲気ではないです(^^;
でも普通にラーメン1杯分あり、〆としては多め。
透明感のある鶏がら系塩味のスープです。
アツアツですし、何かの鍋のだしみたいな感じのスープです。
麺は中細のちぢれ麺で弱めな感じ。
重くないので、〆としてはいい感じだと思いますが。
C+

⑤えい吉
住所:伊予市下吾川1218-3
営業時間:11:00~15:00・17:00~22:00
休日:水
食べたもの:らーめん500円
d0152191_2192647.jpgd0152191_2193484.jpg









伊予市の人気店です。
あっさり醤油味のスープに背脂が乗っています。ベースの動物系は弱い。
味的にはうっすら甘い感じで、若干コショウとゴマ風味です。
麺は中細のちぢれ麺で、弱い感じのもの。
う~ん、、、非常に安っぽい感じがするわけですが、
客は多いので、これでいいのでしょう(^^;


⑥レ者
住所:松山市花園町5-11
営業時間:11:30~売り切れまで
休日:第2日以外
食べたもの:塩ラーメン750円
d0152191_2194677.jpgd0152191_2195383.jpg









「源氏車」が毎月第2週日曜日限定で店名を「レ者(れもん)」に変えて
塩ラーメンとつけ麺のみの営業。
半透明のあっさり塩味のスープ。
といっても、それほど塩は強くなく、魚介といいバランスの味になっています。
少量ですがホイップクリームがついてきます。
元々が穏やかな味のスープなので、混ぜてもそんなに味変わらないような(^^;
麺は中太のストレート麺。
強い感じの麺で、よく言えば存在感のある麺です。
悪く言えば、優しい味のスープに対して麺が強すぎな感じも。


⑦川串
住所:松山市畑寺2-4-11
営業時間:11:30~13:30・18:00~24:00
休日:火
食べたもの:ラーメン626円
d0152191_21101522.jpgd0152191_21102389.jpg









居酒屋ですが、昼はラーメンなどがメイン。
半透明のあっさり塩味。
ゴマ風味でほのかに甘い感じの味です。
悪くはないと思いますが、「居酒屋のラーメン」って感じはします。
C+

⑧骨太味覚(大街道)
住所:松山市大街道3-3-5
営業時間:11:00~15:00・17:30~24:00
休日:月
食べたもの:ラーメン650円
d0152191_21103367.jpgd0152191_2110411.jpg









背脂チャッチャッ系のラーメン店で、無料で背脂、野菜の量を増やすことができ、
ニンニクや鰹節などを入れることもできます。
すべて普通で注文しましたが、
非常にオーソドックスな背脂チャッチャッ系醤油豚骨のラーメンです。
背脂で油感はありますが、ベースは比較的あっさりしています。
デフォのラーメンとしては食べやすくて丁度いい感じでしょう。
物足りない人は、それにいろいろ足す感じで。


⑨一天張
住所:松山市二番町3-8-2
営業時間:11:30~2:00
休日:なし
食べたもの:汁なしタンタン麺(赤)600円
d0152191_21105294.jpgd0152191_21105883.jpg









本場、中国四川の坦々麺を意識した坦々麺専門店。
ラー油・唐辛子系の辛さと、山椒系の痺れが効いた味で、
広島風汁なし坦々麺に近い感じですが、
それよりも辛さが強く、特に山椒系の痺れが強い感じです。
口の中に広がる辛さではなく、舌に突き刺すような辛さです。


⑩AJI10
住所:大洲市東大洲783-1
営業時間:11:00~15:00・17:00~22:00(土日祝11:00~22:00)
休日:月
食べたもの:二代目鶏白湯ラーメン734円
d0152191_2111767.jpgd0152191_21111365.jpg









大洲の新鋭店。東京にあるような感じの店です。
茶濁のとろり濃度のある鶏白湯のスープに削り節が入り、
甘い魚介系の味になっています。
麺は中太平打ちの麺でつるりとした上品な麺です。
ラーメンとしてはちょっとフックがないタイプの麺で、
スープとの絡みより、食感とか重視の麺でしょう。
A+

⑪福ちゃん
住所:大洲市田口77-3
営業時間:11:30~21:00
休日:毎月1日・11日・21日・31日
食べたもの:ラーメン並550円
d0152191_2111266.jpgd0152191_21113448.jpg









創業は昭和42年屋台から始まった店です(その屋台の店もまだあります)。
茶色のあっさり醤油味。
非常にオーソドックスな昔ながらの醤油味です。
でも古臭い味ではなく、普通に美味しいです。
B+

⑫山うち家
住所:松山市湊町3-8-1
営業時間:11:30~15:30・18:30~24:00(土日祝11:30~22:00)
休日:不定
食べたもの:つけめん580円
d0152191_21114842.jpgd0152191_21115710.jpg









いわゆる家系的な店。
麺の硬さ、味の濃さ、油の多さなどが選べるが、
それに加え、太麺・細麺が選べます。
茶色のあっさり醤油味でわりと貝の味が利いたつけだれ。
つけめんのつけダレとしては、ちょっとあっさり気味。
麺は中太の平打ち気味の黄色い麺。
家系と同じように1本1本が短い麺ですが、家系っぽいのはその点だけかも。
B+

⑬満洲屋が一番・松山大街道店(大街道)
住所:松山市大街道2-3-11
営業時間:11:00~3:00(金•土•祝前日~5:00)
休日:なし
食べたもの:とんこつしぼり720円
d0152191_21121248.jpgd0152191_21122474.jpg









久留米に本店があり、全国にある久留米ラーメン店です。
とろりとしたそこそこ濃度のある豚骨スープで、背脂ものっています。
味は結構ミルキーな感じの味です。
麺は極細のストレート麺。
典型的な久留米ラーメンって感じではないですが、普通に美味しかったです。
B+
[PR]

by u-nya-ri | 2014-09-18 21:16 | 愛媛県 | Trackback | Comments(0)

愛媛県東部4軒   

今回は愛媛県東部4軒ラーメン行ってきました。
タウン情報まつやま増刊「愛媛ラーメンbook」という本に載っている店が中心です。

①浜千鳥
d0152191_2257521.jpgd0152191_22573382.jpg









昔ながらの典型的な食堂で、ネット上でもほとんど情報がない店。
ラーメン本には「トンコツラーメン」なるものが載ってましたが
メニューにはラーメンしかなかったので、「ラーメン(550円)」を注文。
見た感じごく普通の昔ながらの中華そばですが、食べてみると・・・
まあ大体見た目と同じ感じ。コショウ風味。

住所:新居浜市宮西町5-73
営業時間:11:00~14:00
休日:日
好み度:C+

②麺匠夢屋
d0152191_22581354.jpgd0152191_22575535.jpg









訪店するまで知りませんでしたが「和歌山ラーメン」メインの店っぽい。
愛媛で和歌山ラーメン食べてもね、、、と言うことで
「つけ麺(並盛)(700円)」を注文。
つけだれは魚だしと鶏だしの2種あり、「魚だし」の方にしました。
焦がしネギと香油が入った油ギッシュなつけだれです。
少なくても典型的な魚介系のつけだれではないことは確かです。
香油系の油感で食べさせるつけ麺な感じかな。

住所:新居浜市西の土居町2-9-25
営業時間:11:00~15:00・17:30~22:30
休日:なし
好み度:B

③味のさつま
d0152191_22583328.jpgd0152191_22581318.jpg









15年前くらいから始め、ずっと店主が推してるが
雑誌やラーメン本などに載るまではなかなか注文してもらえなかったという
「すだちラーメン(700円)」を注文。
店主曰く、初訪でこのラーメンを頼む人はほぼラーメン本やネットを見てきた人だそうで(^^;
このラーメンはすだち1個まるまる絞って入れているそうです。
なので、スープは魚介ダシのスープらしいのですが、
何味と聞かれれば「すだち味」と言うしかない味なっているような気がします(^^;
でも、すだちがちょこっと入ったラーメンは過去に食べたことがあり、
入れないほうがいいと思いましたが、
ここまですだち全快ですと、逆にこれはこれでアリなのではないでしょうか。

住所:新居浜市西喜光地8-22
営業時間:11:00~21:00
休日:水
好み度:B+

④食ひで
d0152191_23195831.jpgd0152191_23194965.jpg









徳島ラーメン、宇摩みそラーメン、鍋焼きラーメン、釜揚げラーメン、博多ラーメンなどあり、
定食類もかなり豊富な食堂です。
釜揚げラーメンを香川としたら、一応は四国4県制覇ですね(^^;
で、「たまねぎラーメン(500円)」を注文。
玉ねぎは淡路島産を使用だそうです。
あっさり醤油味のスープで、たまねぎの甘い感じの味もしますが、
全体的には・・・コンソメ味な感じかな。

住所:四国中央市下柏町724-2
営業時間:8:30~23:00(土日祝7:30~23:00)
休日:なし
好み度:C+ 


~おまけ~
d0152191_22591560.jpg









東みよし町役場東側辺りにありました。
多分、夜型の店(テントだけど)。
[PR]

by u-nya-ri | 2012-11-10 23:08 | 愛媛県 | Trackback | Comments(0)

今治4軒   

今日は今治にラーメン行ってきました。
ちなみに松山ではラーメン博やってたんですね(^^;

①こきんや(今治市)
d0152191_928154.jpgd0152191_928921.jpg









創業100年の老舗うどん店でありながら今治ラーメンプロジェクトに参加。
水・土・日限定で「今治ラーメン」を出しています。
鯛、エソ、イリコや削り節を使ったスープだそうです。
「今治ラーメン(500円)」
1日20食限定ということでしたので、ほぼ開店直後に来ましたが
ぼく以外のお客はみんなうどんを注文していました(^^;
魚介系・・・というより、あっさり和風スープの部類に入るものですが
案外魚介が出ていたと思います。
今風の魚介系の味ではないですが、かなり洗練された感じです。
B+

②麺食堂とまと(今治市)
d0152191_9294515.jpg









基本食堂なのでラーメン屋ではないですが、
汁なしラーメンなるものがあるそうなので来てみました。
「汁なしラーメン(500円)」
油そば、あえそばのようなものだと思っていましたが、
細めのちぢれ麺に、味濃い目のスープがかかっています。
タレがかかっているのではなく、あくまでもスープですね。
あっさりですが、意外に麺によく絡んでます。
ま、汁なしといいつつも、「箸休め」というスープがついてきますが(^^;
こちらは黒コショウが入ったあっさり醤油味のスープ。
両スープとも若干動物系のくせがありますね(裏を返せば自家製スープだというのがわかる)。
この手のもので過去に食べたことがあるのは大阪のそこそこ有名な「樹」のバン麺くらいかな。


③デリシャス(今治市)
d0152191_930126.jpgd0152191_9302927.jpg









この店も「今治ラーメン」を出す店。
店自体は洋食レストラン的な喫茶店ですが(^^;
「今治ラーメン(550円)」
動物系は入っているかどうかわかりませんが、
チキンブイヨンを使っているようです。
こきんやが和風なら、こちらは洋風的な感じのスープですが
案外似たような味のラーメンです。
B+

④よしとく(今治市)
d0152191_9304676.jpg









創業30年以上の中華そば屋で地元では有名店らしいですが。
「中華そば(並)(380円)」
ややコショウ風味の昔ながらの中華そばです。
イリコ、鶏がらダシらしい。
[PR]

by u-nya-ri | 2012-10-21 09:33 | 愛媛県 | Trackback | Comments(2)

松山ラーメン9軒   

松山にラーメン9軒行ってきました(^^;

①媛乃屋製麺所
d0152191_1429264.jpgd0152191_1429786.jpg









去年の11月開店の新鋭濃厚魚介豚骨つけ麺店。
「つけ麺並(680円)」を注文。
容器は石鍋で表面を油が覆っている熱々のつけだれ。
熱々のつけだれは魚介のエグミが強い傾向があるように感じがするので、
あまり好きではないんですけどね(^^;
となると、周平系かな?と思いましたが、周平系とは違うようなわかりやすい魚介の味。
エグミはなかった。
麺は太麺ですが、極太ではない。並で200g。
ちなみに中華そばもありますが、720円。つけ麺より高いのは珍しい。

住所:松山市三番町2-3-5
営業時間:11:00~14:30・18:00~1:00(土11:00~15:00・18:00~1:00、日11:00~15:00)
休日:月
好み度:A

②えひめ本気麺
d0152191_14292286.jpgd0152191_14292652.jpg









元祖愛媛のベジポタスープだそうです。
ん?ほかにベジポタの店が愛媛にあったっけな?(^^;
「こってり本気麺(780円)」を注文。
本気と書いてマジと読みます(^^;
ベジポタというと、東京では野菜煮込み系のドロドロのスープを指すと思いますが、
ここはドロドロではないです。ややとろみはありますが。
野菜スープに辛味噌だそうですが、トマトと唐辛子の印象のスープです。
麺は中太め平打ちの麺で、パスタのフィットチーネに近い感じかな。
全体的にイタリアンを意識してるような気がする。

住所:松山市三番町2-3-5
営業時間:11:30~14:00・17:30~3:30(祝前日~3:00、金土~5:00)日17:30~1:00
休日:不定
好み度:B+

③麺家なかむら
d0152191_14293853.jpgd0152191_14294344.jpg









塩ラーメンの店。
「塩ラーメン(650円)」を注文。
繁華街にある夜型の店なので、どうせ〆系で大したことないんでしょ、
と思ってましたが、なかなかいけてました(^^)
奇をてらってないノーマルな塩味ですけどね。

住所:松山市三番町2-3-1
営業時間:19:00~0:00
休日:日祝
好み度:A

④北山軒
d0152191_142953100.jpgd0152191_14295839.jpg









カウンターのみの小さな店ですが、創業50年近い松山の老舗店。
愛媛のどのラーメン本にも載っている有名店でもあります。
「中華そば(500円)」を注文。
知ってはいましたが、おもっきりコショウを振りかけるんですよね(^^;
で、食べてみると、あっさり醤油味なんですけど、やはりかなりしょっぱい。
でもコショウのしょっぱさじゃないような・・・。
間違って醤油入れすぎたりしてないかな?(^^;
スープ全部飲んでってよ~、と言われましたが・・・(^^;

住所:松山市二番町2-2-10
営業時間:18:30~4:00
休日:不定
好み度:C

⑤うしおととら
d0152191_14301170.jpgd0152191_14301673.jpg









去年12月開店の牛骨ラーメンの店。
「牛骨らぁめん(700円)」を注文。
あっさり醤油味で、背脂が浮いています。
香辛料と魚粉系の味が濃いかな。
牛骨は・・・よくわからなかった(^^;

住所:松山市二番町1-4-4 どうらく横丁内
営業時間:18:00~3:00
休日:不定
好み度:C+

⑥春光亭
d0152191_14303414.jpgd0152191_14303912.jpg









この店は2009年から休業していましたが、最近復活されたようです。
麺屋武蔵のラーメンを食べたこともないのに写真と想像だけで再現したラーメン、でしたっけ?(^^;
ぼく自身も8年ぶりの訪店。
「汁そば(700円)」を注文。
あっさり醤油味で魚介系というより、和出汁な感じ。
麺は中細やや平打ちで、もちもち感がありますね。
休業前よりあっさり地味になった気がしますが、これはこれでありです。

住所:松山市井門町489-8
営業時間:11:00~14:30
休日:火
好み度:A

⑦闘牛
d0152191_14305231.jpgd0152191_14305748.jpg









この店は東京の荻窪から20年前にこちらに移転開店し、
もはや地元密着型で人気店になっています。
ラーメン本にはいつも「つけそば」が掲載されているので、それが人気の店かと思ってましたが、
食べログなんかみると「鳥そば」が人気ぽいです。
なので「鳥そば(600円)」を注文。
揚げたての大き目の鳥のから揚げ1枚乗っています。
ラーメン自体はまあ普通の東京風の醤油ラーメンってとこかな。
から揚げの油で、多少油っぽい感じですが。
正直ラーメンより、から揚げの方が美味い(^^;

住所:松山市久万ノ台125-3
営業時間:11:00~15:00(日祝11:00~15:00・17:30~20:00)
休日:木
好み度:B

⑧かめ福
d0152191_14311430.jpgd0152191_14311971.jpg









地元密着店。
食べログ見ると冷やしラーメンが人気ぽいので
「冷やしラーメン(670円)」を注文。
氷が入っていますが、スープを凍らしたものを使用し、
薄まらないようにしているようです。
スープは山形や静岡の志太系の冷やしとそうは変わらなく、
油気がなくベースがかなり弱い感じのものです。
冷やしだと、大体こんな感じにならざるを得ないのかな(^^;
冷やし中華のような味ではなく、一応はラーメンの味ではありますが
醤油や塩気が結構目立つ味です。

住所:松山市辻町13-15
営業時間:11:00~22:30(日祝11:00~22:00) 
休日:月
好み度:C+

⑨風雲丸・松山空港通り店
d0152191_14313385.jpgd0152191_1431396.jpg









濃厚豚骨・つけ麺の店。
丸亀のとりの助と同じ会社が経営。
「石焼つけ麺(682円)」を注文。
容器は石鍋で、グツグツ茹だってます(^^;
つけだれは醤油豚骨で、結構甘め。
若干魚介が入ってるのかな。
麺は極太と書かれていますが、そこまでではないかな。
「東大」のつけ麺に似ているな~(^^;
僕は猫舌ですし、つけだれが温くなってもそう気にしないタイプなので、
石焼じゃない普通のつけ麺にすればよかった(^^;

住所:松山市空港通6-13-18
営業時間:11:00~24:00
休日:なし
好み度:B+
[PR]

by u-nya-ri | 2012-07-16 14:35 | 愛媛県 | Trackback | Comments(0)

愛媛東予ラーメン4軒   

今日は愛媛県は今治~新居浜あたりにラーメン行ってきました。

①丸啓(今治)
d0152191_13365081.jpgd0152191_13365851.jpg









雑誌等では見たことありませんし、ネットでも情報があまりない店ですが
漁師町に40年以上続く老舗の食堂で地元密着型の人気店らしい。
地雷の可能性もあったので、店を見てから入るか決めようと思ってたら、
店の周りは路駐の嵐。店の中は満席。やっぱり人気のようですね。
(ちなみに食べログで「路駐」という言葉を書くとかなりの確率で運営から注意のメールがきますw)
おいしいラーメン屋がありそうにない昔ながらの住宅街にあるんですけどね。
食堂といってもメニューはさほど多くなく、中華そば、うどん、おでんがメイン。
てか、みんな中華そば頼んでますが。
「中華そば(450円)」を注文。
豚骨ベースらしく、あっさり白濁のスープですが、いわゆる一般的な豚骨スープではないですね。
そこそこ油感はあるんですけどね。
塩+魚介味かな。魚介といっても、もちろん今風の魚介系の味ではなく、
雑味があって古くさい味ね。だが、それがまたいい(^^)
麺との絡みがもう少しよければ、言うことないのですが。



②新福菜館・今治店(今治)
d0152191_13372021.jpgd0152191_13372691.jpg









あの京都の老舗有名店の支店です。
ラーメン総合施設みたいのではたまに見かけますが、
京都大阪以外で、ちゃんとした店舗で他県のしかも地方都市にあるのは珍しい。
「並ラーメン(600円)」を注文。
真っ黒に近い色の醤油スープですが、それほど味は濃くなくマイルド、
というのが新福菜館の一般的な評判ですが、
ここのは結構醤油濃い味のような気がする(^^;
もちろん過去にも他店舗で食べたことがありますが、こんな濃かったっけ?てな感じ。
でも同じ方向性の味であることは間違いないのですが。
ちなみに客は、僕以外誰もいなかった・・・。
B 


③一番星(西条)
d0152191_13374849.jpgd0152191_1338089.jpg









前からよく雑誌にも載っている店。
地域一番店というイメージがありましたが、行ってみたら「お食事処」と書いてあった。
もちろんラーメンメインの店ですが、味よりもメニューの豊富さが売りに見えてしまうな~(^^;
「ニンニクラーメン(600円)」を注文。
醤油鶏がら系スープに若干背脂。でも醤油感は少なく、塩味に近い感じ。
でもまあ、ニンニクラーメンなのでにんにく味です。
初訪で何でにんにくラーメンを選択したのか、自分でもさっぱりわからん(^^;
まあでもニンニクの合うラーメンだとは思いますが。



④花の伊予(新居浜)
d0152191_13393629.jpgd0152191_13394513.jpg









関東風(黒)と関西風(白)のラーメンがある店。
居酒屋チックな店です。
「関西風ラーメン(550円)」を注文。
「白」と書いてあったので、大阪豚骨みたいな白濁のライト豚骨だと思ってましたが、
普通に薄茶色の醤油味のスープでした。
関東風→濃口醤油、関西風→薄口醤油か白醤油
って感じなのかな。
醤油感は薄く、カツオだしって感じのものでした。
でもちょっとコショウが濃かったかな(^^;
いわゆるコショウ味にはなっていなかったので、よかったですが。
C+
[PR]

by u-nya-ri | 2012-04-22 13:43 | 愛媛県 | Trackback | Comments(2)

愛媛のラーメン8軒   

「これが愛媛の噂のラーメン」「ラーメンWalker愛媛」という本を参考に、
2日で愛媛のラーメン8軒行ってきました。

d0152191_1358678.jpgd0152191_1358124.jpg









1軒目、松山市「あづま家」
繁華街にある店で駐車場はありませんが、
この辺りは結構1時間100円とかの駐車場がありますね。
豚骨・鶏がらと鰹・鯖・イリコ節を加えたスープだそうです。
「塩らーめん(650円)」を注文。
醤油と塩かと言われれば塩なのでしょうけど、和風の魚介の味ですね。
そこそこ脂も乗ってて最初は結構熱めで、和の世界のわかりづらい味に思えましたが、
食べ進めていってスープが冷めてくると、もう完全に分かりやすい鰹味になってましたね。
個人的にはむしろこう冷めた後のわかりやすい味の方が好きだったり、ですが(^^;

住所:松山市二番町2-5-12
営業時間:11:00~15:00・18:00~4:00
休日:日
好み度:A

d0152191_13584657.jpgd0152191_13585435.jpg










2軒目、松山市「高市食堂」
ここは昔からある大衆食堂です。
うどんやら丼ものやらおかずやらいろいろあります。
朝から営業していて、朝食もあります。
でも、ほとんどの客が中華そばを注文してるようです。
お客の多くも年配者ですし、昔からの常連客が多いのでしょうけど
昼12時頃でほぼ満席。
ちなみに隣の店はこれまた愛媛の有名ラーメン店「三和」
若い人はそちらに行きます(^^;
「中華そば(500円)」を注文。
どうせ昔ながらの中華そばなんでしょ、と思ってましたが、
・・・はい、やっぱりそうでした(^^;
でもそういった中華そばにありがちなごく普通の味ではなく
イリコ、昆布が入っているようで、
魚介系の味とまでは行きませんが、うどんの出汁方面の和風だしな味です。
あとコショウも最初から入ってます。
香川でこういう中華そばあったような気がします。
極めて大衆食堂的中華そばですけど、人気はうなづけますね。
まあでも、この味できれいな店で若い人がやってたら、絶対うけないでしょうけどね(^^;

住所:松山市中央2-23-1
営業時間:7:00~15:00
休日:日祝
好み度:B+

d0152191_13592015.jpgd0152191_13592635.jpg









3軒目、伊予郡砥部町「麺屋 夢創」
ホタテ・海老・カツオ・サンマなど魚介系だしの店です。
「真醤油らーめん(730円)」を注文。
あっさり醤油スープ。
魚介はそれほど強くはなく、まあ普通の醤油ラーメンの範囲内かな。
エビ・カニ系が入ったラーメンでよくあるしょっぱさがありますね。
麺はか細くやや弱い感じの麺。
店の名前からしても創作系の凝ったラーメンにしているのでしょうけど、
結局トータルバランス的なシンプルな味のラーメンになってますね。

住所:伊予郡砥部町拾町20
営業時間:11:00~15:00・17:00~23:00(土日11:00~23:00)
休日:火
好み度:B+

d0152191_13595854.jpgd0152191_140650.jpg









4軒目、松山市「一閃」
ネギラーメンが売りの店らしい。
店内に入ったら飲み屋のような感じの店でした(^^;
一応、ラーメンがメインの店ですが。
「とりねぎラーメン(700円)」を注文。
白髪ネギがてんこもりで、細切りのチャーシューと合って旨い。
で、ラーメンの方は、、、、普通!(^^;
あっさり醤油で、丁寧やさしい味ではあるんですけどね。

住所:松山市石手2-11-37
営業時間:11:30~14:30・18:00~23:30
休日:不定
好み度:B

d0152191_1403174.jpg









5軒目「創(はじむ)」
鶏がらベースの動物系出汁とイリコ・カツオ・昆布の魚介系出汁のWスープの店。
「中華そば(650円)」を注文。
あっさり醤油味。
魚介は魚介なんでしょうけど、いかにもといった魚介系味ではないですね。
どちらかといえば本格派の中華そばといった感じです。
東京ラーメン方面の味ですね。
特徴があるわけではないですが、完成度は高いですよ。

住所:松山市東垣生町330-1
営業時間:11:00~15:00・17:00~20:00
休日:水
好み度:A

d0152191_1404882.jpg









6軒目、松山市「高見屋」
ここからデジカメが故障したため、携帯電話で撮った写真になります(^^;
遠征先で故障するなー
ここは取材拒否の人気店です。
小さな食堂風の店でそれほど広くないというのもありますが、行列ができてました(^^;
メニューは中華そばが1つと、たくさんのうどんがありますが、
中華そばしか頼んでる人はいません(^^;
「中華そば(550円)」を注文。
キャベツ、豚肉に練り物が結構入っています。
麺はややチャンポンみたいな硬コシ、アルデンテの麺ですね。
スープは醤油は醤油味なんでしょうけど、結構甘いですね。
そうか、、、八幡浜チャンポンに似てますね。
あくまでも「似ている」というだけで、明らかに八幡浜チャンポンではないんですけどね。
中華そばを八幡浜チャンポン方面に寄せたラーメンといいますか・・・。
特別何が美味しいというわけでもないんですけど、トータル的に満足度が高い中華そばです。
結局、人気店になるのは、美味しい店ではなく、こういった満足度のある店なのかもしれませんね。

住所:松山市元町8-43
営業時間:11:00~18:00(売り切れ終了)
休日:水木
好み度:B+

d0152191_141116.jpg









7軒目、松山市「一期一会」
ここはエビの風味と香りのある塩ラーメンが売りかな。
「えび拉麺・塩味(750円)」を注文。
塩という割にはやや茶色く濁ってます。
塩味か醤油味かと言われれば、塩味なんですけど。
まあでも、そのまんまエビ味ですね。
エビ油が入っている上、さらに干しえびが結構入ってますし。
ここまでエビエビしてると大概は後半飽きるんですけど、
そんなに飽きずに食べれたと思います。
麺は極細のストレートで、つるつるしてます。

住所:松山市朝生田町5-3-20
営業時間:11:00~15:00・18:00~24:00(土日祝11:00~24:00)
休日:なし
好み度:B+

d0152191_1411760.jpg









8軒目、松山市「海鮮とんこつ家」
ここは豚骨×魚介のWスープで、エビ・カニの風味を生かした個性的な味だそうです。
「潮とんこつ(700円)」を注文。
ベースは油コッテリの豚骨ですね。
これに太めのちぢれ麺がよく絡み合って、比較的パワフルなラーメンになっています。
・・・とここまではいいのですが、
これにエビカニ系その他いろいろ加えたようで、
店の名前の通り海鮮チックな味になっていますが、
何の味かと言われればよくわからない味になってますね(^^;
あと臭みがあります。
最初、豚骨かな~と思ってましたが、乾物の臭みですね。
食べログとかに、苦手な人には厳しい味とよく書かれてますが、
ぼくはその中に入るのか~(^^;
こういう賛否両論あるラーメンでは、大体苦手じゃない方に入るんですけどね。

住所:松山市越智町296-2
営業時間:11:00~14:30・18:00~22:00(土日祝11:00~22:00)
休日:月

全店回ってから気がつきましたが、今回8軒中7軒が魚介系だった・・・(^^;
1軒たりとも同じ味がなかったのは、素晴らしい。
愛媛は魚介を使ったラーメンが多くなったな~
[PR]

by u-nya-ri | 2011-10-03 19:02 | 愛媛県 | Trackback | Comments(3)

松山の新鋭店   

今回は松山の新鋭店2軒です。
とりあえず、新旧を見ないとね。

まずは「伊予 源氏車」
d0152191_12572946.jpg









d0152191_12574374.jpgd0152191_1257519.jpg









ここはつけ麺の新鋭店です。
つけダレは魚介+濃厚豚骨のWスープ。
麺は太目の自家製麺です。
スープの上に海苔が乗っており、その上に削り節が乗っています。
見た目からしても「六厘舎」ですね。
実際に食べてみると・・・やっぱり六厘舎系のお味です(^^;
魚介が効きすぎるくらい効いており、豚骨も濃厚。
ゆずなんかも入っています。
5年位前に「六厘舎」で初めて食べたときは衝撃を受けたな~。
でもそれ以降、この手のは結構食べたんで、もう食傷気味なんですけどね~(^^;
飽きやすい味なんでしょうね。
徳島で言えばちょっと違いますけど、「六根」に近いです。

住所:松山市花園町5-11
営業時間:11:30~15:30・17:30~22:00(祝11:30~18:00)
休日:日
好み度:B+


次に「周平」です。
d0152191_1258465.jpgd0152191_12594783.jpg









ここは松山の新鋭店の代表格ですね。
いわゆる「こだわり系」の店で
麺が自家製麺なのは当たり前、醤油や魚介素材にもこだわりを見せています。
・・・能書き系とも言うかな(^^;
ラーメンフリークからは評価が高い店です。

「周平らーめん(700円)」を注文。
茶色の魚介系醤油味。
昨今多くある鰹・煮干系のわかりやすい魚介味ではなく
イリコ出汁で地味ですが、これはこれでなかなか美味い。
ただ、スープ表面に脂が覆っています。ホタテ油らしいが。
これがかなり油っぽい(^^;
その油をくぐった麺自体も油っぽく、食べててかなり胃に来る。
歳かな~(^^;
ただ、スープの味はいいし、麺もいい感じだと思いますので、
これで油の量が少なければ、徳島で言うところの「麺屋 藤」タイプの
かなりいけるラーメンになりそうな感じもしますけどね。

住所:松山市一番町2-4-11
営業時間:11:30~2:00
休日:日
[PR]

by u-nya-ri | 2011-05-04 13:01 | 愛媛県 | Trackback | Comments(0)

松山の昔からのラーメン   

せっかく愛媛まで行ったので、松山市内でもラーメンを食べました。
松山のラーメンを知るためには、やはり昔からの松山のラーメンを食べなければなりません。
というわけで、そういった店2軒食べました。
松山はご当地ラーメンがあるわけではありませんが、
甘味が強いラーメンを出す、ラーメンフリークの間で「瓢系」と呼ばれる
店名に「瓢」が付くラーメン屋が何軒もあります。

というわけで、まずは1軒目はその「瓢系」の1店「瓢華・湊町店」です。
d0152191_1612637.jpgd0152191_1613541.jpg









「中華そば(550円)」を注文。
見た目もそうですが、茶色のあっさり醤油豚骨系で、
徳島で言うところの「支那そば系」みたいです。
ただやはりそこには特徴があって、結構な甘味です。
といっても、このくらいの甘さの店なら徳島でもあるんじゃないかな~って感じもしますが(^^;
みりんが入っているのはどうかわかりませんが、その系統の甘さです。
支那そば系の甘味版って感じでしょうか。
でも結構好みの味ではありました。

住所:松山市湊町4-14-8
営業時間:11:00~20:00頃
休日:火
好み度:B+

次に「豚珍行」です。
松山の人なら誰でも知っている?というくらい有名な店です。
飲み屋街にあり、いわゆる飲んだ後系のラーメン屋で定番的な店です。
店に入ると、有名人のサイン色紙が壁にずらっと貼ってあります。
ま、、、ありがちですね(^^;
d0152191_1633318.jpgd0152191_1633918.jpg









「中華そば(650円)」を注文。
あっさり醤油味のスープに、硬め細めのストレート麺。
う~ん、かなり普通だ。美味しさも普通。
ブログで何か書くために、何か特徴がないか考えながらラーメンを食べたりするんですけど
ちっとも思いつかない(^^;
特徴がないのが特徴なのかもしれない。うん、そういうことにしよう(^^;
いや「バランスがよく、万人受け」。これがいい表現かな。
このラーメン食べて「マズイ」と思う人は皆無でしょうしね。

住所:松山市二番町1-10-6
営業時間:11:30~14:00・18:00~4:00(日祝18:00~4:00)
休日:なし
[PR]

by u-nya-ri | 2011-05-03 16:07 | 愛媛県 | Trackback | Comments(0)

南予のちゃんぽん   

日本全国のご当地ラーメンはほぼ食べたと思いますが、
実はまだ行ってないところが四国にありました。
「南予のちゃんぽん」です。愛媛県の南西部ね。
特に八幡浜市は人口4万人ですが、ちゃんぽんを出す店が40軒以上あるのです。
起源はよくわかりませんが、
八幡浜だけでなく宇和島やその周辺もちゃんぽんがある店が多いのです。
ちゃんぽんと言えば長崎ちゃんぽんが有名ですが、
長崎ちゃんぽんは白濁の豚骨スープであるのに対し、
南予のちゃんぽんは鶏がら・イリコ出汁の澄んだスープらしい。
もちろん、野菜を初めととして具沢山です。

・・・と前置きが長くなってしまいましたが、行ってきました。
いや、前々から行こうと思ってたんですけど、なんせ遠いんでね(^^;
なにしろ四国の東の端から西の端に行かなくちゃならないし。
でも、松山インターから宇和島方面は、今のところ高速道路料金無料区間なんですけど、
6月あたりで無料じゃなくなるみたいなので、行くとしたらこのGWしかないよね
・・・と言うことで行ってきました(だから、前置きが長いって)。

まずは、八幡浜。
八幡浜は40軒以上あるうち「丸山ちゃんぽん」「イーグル」「ロンドン」が
「ちゃんぽん御三家」と言われているようです。
3軒とも至近距離にあり、しのぎを削ってます。多分。

まずは「丸山ちゃんぽん」
d0152191_15123098.jpgd0152191_15113563.jpg









この店は一番最初に出し始めた、と言われてるそうです。
・・・が、営業は昼3時までとのことでしたので(来たときは5時頃)、ダメでした(^^;

次に「イーグル」に。
d0152191_15321956.jpgd0152191_15322862.jpg









洋食もある店ですが、やはりチャンポンがメインです。
「チャンポン(550円)」を注文。
スープは一応醤油味なのかな。
鶏と野菜の甘味が結構強く、美味い(^^)
そーんなに特徴のある味ではないんですけどね。
中華的な味で、繊細な味でもないし。
麺は中太のストレートで、硬コシながらもちもち。
チャンポン系の麺です。
炒めた野菜も美味く、バランスもいいし、よくできてます。
正直言うと、チャンポンはチャンポンですし、そんなに期待してなかったのですが、
予想外に美味しかったです。

住所:八幡浜市中之町358-2
営業時間:11:30~21:00
休日:水
好み度:A

次に「ロンドン」
d0152191_15333597.jpgd0152191_15335240.jpg









ここは行ってみて始めて知りましたが、「お食事処」です。
メニューを見る限り、洋食をはじめとしてたくさんの料理の中に「ちゃんぽん」がある感じです。
でもちゃんぽんが看板メニューではあるらしいが。
「ちゃんぽん(525円)」を注文。
スープは「イーグル」に近いかな。
若干味がクリアな感じもしますが。
イーグルより麺は若干細め、炒めた肉の量はやや多目かな。
こちらも同様に美味しいです(^^)

住所:八幡浜市新町1
営業時間:11:00~21:00
休日:水、毎月8日
好み度:A


次に宇和島に移動して「菊屋」です。
d0152191_15405489.jpg









※店舗写真は撮り忘れ。
宇和島周辺もちゃんぽんがある店が多いですが、
「菊屋」以外の情報はあまりなく、「菊屋」一択って感じです。
ここは手打ちのそばもうどんもある店ですが、
ちゃんぽんも昭和30年代から始めていて、宇和島を代表する店になっているようです。
9割くらいの人がちゃんぽんを食べてました。

「ちゃんぽん(小)(800円)」を注文。
小と言っても、具は多く入ってますし、麺の量も普通のラーメンの1.2~1.5倍くらいあると思います。
こちらのスープは、若干コショウも入ってますし、
中華料理店の塩ラーメンといった感じのものですが、
やはり野菜の甘みがよく出た旨みのある味になっています。
麺は太めですが、やや中華麺的な感じもします。
中華的チャンポンって感じかな~。

この店は普通のラーメンもあるのですが、ほかにカレーラーメンやカレーつけ麺もあります。
カレーそばやうどんもあります。カレーも美味い店っぽいです。
今回の4軒のうち、この店が圧倒的にお客さんが多かったです。
値段が高く、若干殿様系かな。一択なのでしょうがない(^^;

住所:宇和島市中央町2-3-33
営業時間:11:00~17:00
休日:木、月1回水
好み度:B+

次に伊予市の「みかさ」
d0152191_15464549.jpgd0152191_15465277.jpg









ここは実は「ちゃんぽん」ではないのです。
「中華そば」専門店ですし、メニューも「そば」になっています。
ラーメン本でもちゃんぽんのくくりに入れられていない。
そもそも伊予市自体は南予なのかどうかもわからない。
でも、写真を見る限りちゃんぽんですし、ネットでは「ちゃんぽん」として語られていますし、
人気店らしいので行かないわけにはいかない。
という訳で行ってきました。

かまどに薪をくべてスープや麺を炊く手法で作られてるらしい。
あと鳥のモツが入っているのも特徴らしい。

「そば(650円)」を注文。
ここは白濁の豚骨系スープです。
豚骨と言ってもライトで、長崎ちゃんぽんのそれに近いスープですね。
コショウも入っているのですが、コショウ味にはなってなくて、ツーンとくる感じのみです。
ここも野菜からくる甘みがあります。
麺は硬コシでモチモチですが、八幡浜のそれとはやや違う気も。
長崎ちゃんぽんに近い麺かな~。

住所:伊予市市場154-1
営業時間:10:00~14:00・16:00~スープがなくなるまで
休日:月
好み度:B+

みんな同じ南予地区にありますが、ルーツはそれぞれ違うので、
それぞれ違ったチャンポンになっていて、なかなか良かったです(^^)
[PR]

by u-nya-ri | 2011-05-02 16:14 | 愛媛県 | Trackback | Comments(0)